Welcome to my blog



californiashower

--
--  --:--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

29
2010  19:52:00

続き...MRIは、杖は、手術は

ご心配&激励&ひやかしいただきまして恐縮です。

こんばんは
今朝、かかりつけにて
白馬の医者からの報告書を読んだドクターが
ギブスをはずしてまずは触診サーチ(調べる)

左右にぐりぐり。(イタタタ...)
前後にぐりぐり。(.....)

以下、
「」:ドクター
():患者

「針をさしてチェックしていいですか?」
   (は、針? は、はい。お願いします。)
「膝の水を採取しますので注射器に血が入ってきたらかなり悪いですよ」
「黄色い液がはいってきたら心配ないですよ」
「さっ、どうなるかなあ!いきますよ。」
   (はい。)
膝にブスっと注射。
膝の液をたっぷり採取されました。
「おっ!、出血してないですよ」
「うん、これなら大丈夫。」
注)大丈夫と言っても重度ではないという意味。

「このギブスで結構ですから3週間装着してください。」
(杖は?)
「なくて良いなら、無理して使わなくてもいいですよ」
「階段は大変ですよ。」
(ですよね...)
(MRIで検査しなくていいんですか?)
「必要ありません。」[キッパリ]
「どうしても撮っておきたいなら手配しますが?」
「どうしますか?」
(わかりました。)

あれだけきっぱり言ってもらえると
とりあえず従う。

「中度の内側側副じん帯損傷」
前十字と骨には損傷なし。

-----------来週また来てくださいね。-----------
本日はここまで

リハビリネタがひとつ増えましたね。
まずは電車通勤の緻密な経路を計画しないとです。
所要時間も15分ぐらいおおめに見ておかないとです。
うーむ

これまでの妄想:
手術したら何日会社休むのだろう...
この場合の扱いは?年休ですます?病休にしちゃう?
保険は傷害保険使う?スキー保険使う?
...そりゃスキー保険。
妻はやさしく見舞ってくれるかな? 
誰が見舞いにくるかな?

ふふ。ふー。

 SKI

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。