Welcome to my blog



californiashower

04
2010  12:51:18

地デジ難視地区指定説明会

20101003義母の代理で説明会を聞いてきました。難視対策でBS経由で見られるところが総務省のHPで「ホワイトリスト」として公開されているのですが、この地区はそこに記載はなかったのでそのうち見られると思っていました。また、先日数キロ先に中継局ができて、現在試験電波発射中とのこと。これにて受信できるようになるかと思ったら「受信できるチャンネルは見つかりません。」
と、いうことで対象のエリアの住人を集めて説明会が行われたわけです。説明に来た方は、総務省、デジタル放送推進協会、フジテレビ、千葉テレビ、南房総市役所の担当の方々。(フジテレビはキー局の代表役か?)

結果、このエリアは当分映らないらしい。戸別に高性能アンテナを使ってもチャンネルにより○×があるので、共同受信設備を作りましょう!5年以内に。それまではBSで視聴してください。BS用の設備のないところや、BSアンテナとアナログ設備があるところへは不足するものはすべて無償で提供&貸与するとのこと。アンテナはもらえて、チューナーは五年後に返す。ということでした。
共同受信設備は50世帯で2000万円かかった場合、1835万円ぐらいが国とNHKにより補助され、残り165万をみんなで割り勘。約3.3万円の戸別負担との試算。
この補助金で中継設備はできないんだろうか?と思うが、どうやら他地区との混線問題が生じるために中継局は増やせないという見解。

今回の説明を聞くまで不思議だったのが、受信できないことがずいぶん前から分かっていたのに、なぜ総務省のホワイトリストに未掲載だったのかということ。
このリストに掲載し、地デジ難視地区として公表するには地元住民の同意が必要とのことでした。きっと全国各地域には「資産価値が下がる」等の理由で認めたくない人々もいるのだろうか?。よって各地区ごとに住民に説明し同意をいただく作業が必要らしい。
今回の説明を受けてこの地区は地デジ難視地区として総務省、地元住人がお互いに確認同意したのでありました。

あの内容、高齢者を集めて理解してもらうのはさぞかし大変だろうなあ。
「で、いくら払えばいいんだ?!」っていうのをさっさと聞きたかったようだ。

 四方山

3 Comments

ゆうたん  

ホワイトリストの件

ブログ拝見しました。ホワイトリストの件、大変ですね。私も、義母の家で(千葉県)体験しました。

まず、ホワイトリストへの掲載の件ですが、住民の合意など不要です。要は、BSを介した地デジ放送の提供(BSチャンネルの291~298):すなわち「セーフティネット」で対応することを地デジ推進協議会が認定すればリストに載ります。ただ、リストを更新するのが、今までの経緯を考えると3ヵ月に1回。前回が8月でしたので、11月になる可能性もあります。教会には、この期間を短縮するように求めていますが、何せ、総務省のやるところ、すなわち行政の仕事なので、進みません。

あと、気になるのは共同アンテナの件。確かに、昔から共同アンテナの件はいろいろとされているようで、1世帯あたり4~5万円負担するというのが「相場」という範囲なのかもしれません(私がインターネットで調べた範囲ですので、間違っているかもしれません)。ですが、ここで考えていただきたいのは、「地デジにするのは国の都合」であり、「アナログ電波が通っている地区であれば、地デジの電波を供給するのは国の義務」であり、共同アンテナに出費しなければならない義務はどこにもありません。もし、そのような処置をしたいのであれな、総務省は実態を公にし、国民に頭を下げて、電波を通すことに協力を求め、そして理解をされた上でしか認められないと思います。

地デジの難視地区には高齢者が多く、説明会をやっても彼らは理解できません。アナログとかデジタルとか言っても、彼らに理解はできません。それを行政の方々は分かっていない。というか、事務的な手続きを踏んでいるしかないんです。

あと、セーフティネットへの動き、その前にホワイトリストへの掲載ですが、黙っていても総務省は動きません。私は、地デジコールセンターやDpaのコールセンターに電話し、「オペレーターでは話にならないので、ちゃんと責任もって話ができる人間と電話したい」といいつづけ、それなりの地位の方と話をできるようになったおかげで、ホワイトリスト掲載から1.5ヵ月でセーフティネットが開通しました。黙っていては、何も動きません。悪いのは総務省であることは明白ですので、自分たちが何故地デジのきれいな画面を今見れないかを、問いかけ続ければらちがあくと思います。

このあたりの話を、ブログに書いていますので、もし参考になればご確認ください。

http://yu-tan2006.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-d7bd.html

2010/10/05 (Tue) 23:25 | EDIT | REPLY |   

californiashower  

re:ホワイトリストの件

ゆうたんさん ご丁寧な説明ありがとうございます。

義母の地区は初動が遅かったのが幸い?して、レスが早かったです。ぼくが問い合わせしたDpaの担当もちゃんとした対応でしたよ。

この先は地区ならではの課題が待ってます。
実は光TVの選択肢があり、うちはこれを使うから..共同受信には参加しないとなると、各戸の負担額は増えるだろうし、それによって隣組や地区内では、あそこが抜けたから負担額がいくら増えるとか...そうすると100年~以上何世代にわたって付き合いのある地区住民の特に高齢の方は「いいから参加してあげなさいよ」という気持ちが強い。

あ、そうだ。
と、いうことはBS対策はいらないから光TV分を実費助成してもらう方が現実的ですね。

2010/10/06 (Wed) 12:38 | EDIT | REPLY |   

ゆうたん  

No title

対応が早いということ、よかったですね。
光が通じているのであれば、選択肢は広がりますよね。
でも、正直言って、光TVって、安くは無いですよね。本来、UHFアンテナの設置代だけ(設置済みの方は不要)なのに、毎月光TVに費用がかかるのは・・・。

ただ、セーフティネットでの地デジ画面は、妥協できない画質の悪さがあります。それを考えると、光TVの方が絶対にいい。

そのとおり、総務省に、光TVの補助をお願いしたいくらいです。
(義母のところは、光ケーブルがきていないので、不可能ですが)

いい結果になることを期待します。
たしかに、田舎は近所との連携は欠かせないですよね。

2010/10/07 (Thu) 00:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment